西洋梨の種類と特性
Pocket

pear
pear

西洋梨の特性

日本の梨の特色がシャキッとした歯ごたえだったら

西洋梨はとろける様な舌触りを特色としてます

上品な甘味と、特有の芳香も相まって

贅沢な気分を味わえる果物です

西洋梨の種類

日本で栽培されている西洋梨の7割りが<ラ、フランス>ですが

数多くの品種が作られています

<ル、レクチェ>

フランス原産の西洋梨で、日本へは1903年新潟県新潟市で

農家の小池左右吉氏によって導入されたと言われています

完熟したルレクチェは、果皮が美しい黄色になり

果肉はなめらかでみずみずしく、

芳醇な香りと濃厚な甘味があります

栽培や追熟方法が難しい事から

フランスでは、もうほとんど作られていなくて

新潟県産のものが世界的に高い評価をされています

<ラ、フランス>

フランス原産で、国を代表するにふさわしいフルーツと

賞賛された事から、ラフランスと名付けられました

ずんぐりとした形状で、果皮は黄緑色

熟しても果皮の色は変わらず

香りはマイルドですが、軸の周辺を触ると

果肉に弾力が出てきます

<オーロラ>

1964年にアメリカで生まれました

フランス生まれのマルゲリット、マリーラと

イギリス生まれのバートレットとの掛け合わせで

1980年代に日本に導入されました

きめ細かな肉質で、豊かな香りと強い甘味が特色です

果皮の色は、未熟なうちは黄緑色で

熟していくうちに黄色みがかってきます

果皮の表面にサビと呼ばれる斑点が付きやすいです

<コミス>

大正期から昭和期にかけて、宮内庁で厨司長を務めた

秋山徳蔵氏<天皇の料理番>が著書の中で

果実の王と絶賛したことで知られています

完熟したコミスは果汁がしたたるほどのみずみずしさで

とろける様な食感

強い甘味と適度な酸味のバランスも良く

特有の芳香も魅力です

西洋梨の食べ頃

西洋梨は木になったままでは成熟しないと言う

特性があるため

未熟のまだ青いうちに収穫され

適温化で追熟されたものが出荷されます

果皮が緑色から黄金色になり、軸の周りを押して

柔らかさを感じたら、食べ頃のサインです

熟すに従って、香りも強くなります

皮に傷が無く、ツヤのあるもの

手で持った時にずっしりと重く

詰まった感じのするものが、良品です

西洋梨の保存方法

購入した西洋梨が未熟な時は

紙袋か新聞紙に包んで、

20°前後の場所に置き、追熟させてください

冷蔵庫の中のような低温の状態に置けば

追熟しない為、長期保存が可能です

完熟した西洋梨は日持ちしないので

早めに食べてください

西洋梨の成分と効能

西洋梨は果糖やリンゴ酸を含み

疲労回復に効果を発揮します

糖アルコールのソルビトールには

便秘解消、喉がれの改善、解熱作用が

あると言われています

不溶性食物繊維のリグニン、ペントザンには

高い整腸作用があり

大腸がんの予防や美肌効果が期待できます!

西洋梨の食べ方

西洋梨は比較的新しい果物のイメージがあるんですけど

実は、明治時代初期には導入されてて

栽培方法の難しい事と果実が傷つきやすいので

なかなか広がらなかったんですね

洋梨のソテー、コンポート、ジャムやシャーベットなど

美味しく食べられます

 

 

 

シェア・ブックマークしていただけると嬉しいです!

greenカテゴリの最新記事

Translate »