マツタケの香り成分
Pocket

 

マツタケ
マツタケ

まつたけの生まれる場所

日本のキノコの最高峰の<まつたけ>です

まつたけは比較的日当たりの良い

主にアカマツの林に生えてきます

それ以外でも、針葉樹が多い林でも

生える事があります

まつたけの香り

まつたけを好んで食べているのは日本人で

特に香りに魅せられていますね

香りの成分は<マツタケオール>と呼ばれて

その独特な香りが、まつたけの一番の

特徴と言えます

まつたけの流通と価値

まつたけは人工栽培が出来ない事と

赤松がマツクイムシにやられて減少してしまったり

そもそも、赤松の需要が無くなって

里山が自然の状態に戻ってしまい

落ち葉などが集積したままで

まつたけにとって生育しにくい場所が増えたので

採れる量が激減してしまいました

その為に、高価なキノコになってしまったんですね!

国内に流通しているまつたけのほとんどが

中国、韓国からの輸入物で

アメリカ、カナダからの白っぽい近縁種や

トルコやモロッコなどからも輸入されるように

なってきています

輸入物は比較的大きいモノが多くて

安価で買えるんですけど

どうしても店頭に並ぶまでに

時間がかかってしまうためか

香りの風味が落ちてしまう感じです

まつたけの選び方

軸はしっかりと太く均一で弾力があるもの

ヒダは白く湿り気を帯びてるもの

全体が薄茶褐色で笠が開ききって無くて

柄が引き締まっているものを

選ぶと正解です

まつたけの栄養効果

まつたけは様々な栄養素が含まれています

ビタミンB2やナイアシンは身体の抵抗力を高めて

皮膚炎を予防します

また、ビタミンDと同じ効果を持つ

エルゴステリンはカルシウムの吸収を助けて

骨粗鬆症予防に役立ちます

香り成分の桂皮酸メチルエステル、オクテノールは

消化酵素の分泌を促します

まつたけの国内栽培

日本では、長野県が一番の産地を

誇っています

生産量の50%以上は長野県ですよ

旅行に行った先で

朝どれが食べれるかもしれません

 

 

 

 

シェア・ブックマークしていただけると嬉しいです!

greenカテゴリの最新記事

Translate »