金時草の栄養効果の高さ
Pocket

キンジソウ

キンジソウ

金時草の呼ばれ方

 

金時草は和名は、水前寺菜<スイゼンジナ>と言い

 

キク科ギヌラ属の多年草です

 

東南アジア原産で、日本には18世紀中国から渡来されたとされているけど

 

熊本市ではそれより先に栽培されて居たので

 

スイゼンジナとも呼ばれています。

 

愛知県では、<式部草>

 

沖縄では、<ハンダマ<>

 

一番の産地の石川県金沢市では<キンジソウ>と呼ばれて

 

伝統野菜、加賀野菜の一つでもあります

 

金時草の特性

 

金時草は暑さに強い野菜で、夏場に一番成長します

 

その時期、7月~9月が、旬で一番美味しですね

 

ただ、乾燥には弱いので夏場の水やりはこまめにしてください

 

金時草の食べ方と食感

 

茎は硬いんですけど、葉と先端の柔らかいところを食べます

 

和え物やおひたし

 

酢の物

 

天ぷら

 

アクもそんなに無いので素早く出来ますよ

 

茹でると茹で汁が赤紫色になるのが特色で

 

葉はツルムラサキのようなヌメリ感がでます

 

食感はシャキッとしてます

 

とても美味しいですよ

金時草の効能

 

金時草の葉の紫色は、ポルフェノールの一種、アントシアニンが含まれていて

 

強い抗酸化作用があるので、血糖値を抑える働きがあります

 

血圧を調整する成分<GÀBÀ>も、多く含まれていて

 

血圧上昇を抑える効果があります

 

また、金時草は、緑黄色野菜でもあるのでβカロチンも豊富で

 

βカロチンは体内でビタミンÀに変換されるので

 

活性酸素を抑えて

 

動脈硬化や心筋梗塞の防止効果や

 

皮脂や粘膜の細胞を正常に保つ働きと

 

免疫力を高めたりもします

金時草の繫殖の特徴

 

不思議に花は咲くのに、種は出来ないんです

 

だから、押木でしか増やせません

 

日光の良く当たる場所で、春先にさせば

 

体外、根ずくと思いますよ。

シェア・ブックマークしていただけると嬉しいです!

greenカテゴリの最新記事

Translate »