森のバターアボカドの環境への影響と栄養効果
Pocket

アボカド
アボカド

 

アボカドの特性

アボガドの種を食べた後に鉢植えしてみたら

直ぐに芽が出て来て成長も早いんで喜んでいたら

クスノキ科なのでかなりの大きさになるのと、

地植えでほっといたら30メートル位になるらしいし

ある程度は大きくならないと実もならないと聞いて

心が萎えました

それとクスノキもそうなんですが

グンバムシやハダニ、カイガラムシなどが頻繫に発生するので

ついに抜いてしまいました

可哀そうでしたけど、、、、

アボカドの環境への影響

アボガドは土地の栄養分を食べ尽くして果実を実らせるので

1度アボガドを作ってしまうとその後に他の果実を生産するのは

難しいと言われていたり

水も多量に使うため

生産地区の水資源の枯渇が起きていて問題になっています。

チリのパルパライン地区とかでは栽培地1ヘクタールで

一日10万リットルの水を使っていて

これは1000人が一日に使う量と同じ量だそうです

日本のアボカドの流通

日本は99%が輸入物で、愛知県松山市や和歌山県

沖縄、鹿児島など暖かい地域でつくりはじめてます

アボカドの栄養効果

アボガドは<森のバター>と言われる位にねっとりとしていて

脂肪が多いです

そのほとんどがオレイン酸、リノール酸、リノレン酸などの不飽和脂肪酸です

悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やすため

動脈硬化や脳梗塞の予防効果が期待できます

ビタミンĒの含有量は果物の中でもトップクラスで

強い抗酸化作用で、癌や老化予防にも効くとされています

ビタミンB群、ミネラル、食物繊維も豊富な栄養価の高い果物です

何年か前、ミスユニバースの栄養士のエリカアン、ギャルさんが

身体の中から綺麗になるために

アボガドとアーモンドナッツをとれとしきりに

言ってました

アボカドの選び方

皮にハリとツヤがあって、手で触った時に皮が浮いた感じがしないもの

ヘタと皮の間に隙間が無い物が美味しいアボガドです

アボカドの食べ頃

日本に輸入されているアボガドはほとんどがハス種のアボガドで

熟すにつれて皮の色が黒くなるため

直ぐに食べる時はより黒い物を選んでください

アボカドの切り方

縦に一周ぐるりと包丁目を入れ、手で左右に実をひねるようにすると

簡単に二等分できますよ

種は包丁の根本を刺して取り除きます

よく熟したものであれば皮は手でむけますよ

アボカドの保存方法

追熟が必要なアボガドは20°前後の場所に置いて下さい

27°を超えると痛み易いので注意しましょう

熟したものはポリ袋に入れて野菜室へ、、2,3日しかもたないので

早めに食べきるほうがいいかもしれません

カットしたアボガドを保存する時は、切り口にレモン汁をかけて

ピッタリとラップをして冷蔵庫に入れて入れてください

種をつけたままの方が

多少は果肉の変色を防げるようです

 

 

 

シェア・ブックマークしていただけると嬉しいです!

greenカテゴリの最新記事

Translate »