世界三大美果 マンゴスチンの本当の魅力
Pocket

マンゴスチン
マンゴスチン mangosteen

<世界三大美果>マンゴスチンの歴史

マンゴスチンはマンゴー、チェリモヤと並んで

<世界三大美果>の一つと呼ばれています

濃い紫色をした厚い皮を割ると

真っ白で美しい果肉が中から

顔を出します

ジューシーで甘くて

上品な味わいを持っている果実です

ドリアンが<果物の王様>なら

マンゴスチンは<果物の女王>と呼ばれています

大英帝国のビクトリア女王<1837~1901年>が

<我が領土にマンゴスチンがあるのに、それを

食す事が出来ないのは、痛恨の極みである>と

南国でしかとれないマンゴスチンが英国本土では

なかなか食べれないのを嘆いたから

果物の女王と呼ばれるようになりました

日本でのマンゴスチン

日本では2003年にタイから

生鮮のマンゴスチンの輸入が認められて

フレッシュな果実を初めて楽しめるようになりました

それまでは冷凍のマンゴスチンだけだったようです

マンゴスチンの効能

マンゴスチンはビタミンB1やマンガンを含んでいるので

代謝を助ける効果があります

タンパク質分解酵素が含まれていて

肉料理の後にデザートとして食べると

消化を促進してくれますよ

ダイエットの味方と呼ばれている

ビタミンEも豊富に含まれています

マンゴスチンの皮の効能

特にマンゴスチンの皮には

強い抗酸化作用力を持つ、ポルフェノールの一種の

キサントンが豊富で

老化の原因の活性酸素を抑えたり

整腸作用や感染予防の作用も

あると言われています

果肉を食べる時に捨ててしまうんですが

タイなどでは、皮も含んだ100%ジュースにしたり

サプリメント、石鹼、化粧品などを開発したりしてます

個人でも果皮を3~4日位天日に干して

水で煮出して、お茶を作ることができます

濃すぎると苦いので

注意してください

マンゴスチンの選び方

マンゴスチンを選ぶ時は

皮にハリと水分があって

適度な弾力のあるものを選びましょう

鮮度が悪い物は、皮の水分が抜けて

硬くなってしまいます

マンゴスチンの保存方法

保存する時は、乾燥を防ぐために

濡らしてキッチンペーパーなどで包んで

ポリ袋に入れて、冷蔵庫の野菜室に入れてください

マンゴスチンのベストな食べ方

美味しく食べるにはシンプルにそのまま食べるの

ベストです

皮のマンゴスチンをナイフで一周させて

上側の皮を取って

そこから実を取り出して食べてください

マンゴスチンの特性

大抵の果物は数多くの品種が作られているけど

マンゴスチンは世界中に流通している物ほとんどが

同じ品種です

<単為生殖>と言う性質のためで

マンゴスチンの花は花粉をつくらないので

受粉もしません

雌だけで増えていくため、ずっと同じ品種なんです

 

 

 

 

シェア・ブックマークしていただけると嬉しいです!

greenカテゴリの最新記事

Translate »