日本人と蜜柑<みかん>
Pocket

 

みかん
みかん

蜜柑みかんは日本の冬の風物詩

みかんは日本の冬を代表する果物です

ちょっと前まではどこの家庭でも

冬になると、コタツの上に山盛りのみかんが

置いてありました

よく耳にする

<温州みかん>とは、品種名ではなくて

様々なみかんの総称です

温州みかんの中に<宮川早生><南柑20号><青島温州>など

数多くの品種があります

また、みかんは<三ヶ日みかん><有田みかん><愛媛みかん><長崎みかん>

のように、品種名ではなくて

生産地の名前をつけたブランド名で

販売されているケースも多いです

みかんの種類

<長崎みかん>

温暖な気候の長崎県はみかんの栽培に

適していて、200年以上もの栽培の歴史があります

主に栽培されている品種は、地元生まれの

<岩崎早生><原口原生><佐世保早生><伊木力系温州>などです

県のブランドみかん<出島の華>は

甘味が強くて濃厚な味わいで人気があります

<ポンカン>

インド原産の柑橘で、日本には1896年に

当時の台湾総督樺山大将が故郷の鹿児島県に

苗木を送ったのが始まりだと言われています

ポンカンには<高しょう系>と<低しょう系>があって

高しょう系は150~200gの大きい果実で球形です

低しょう系はそれよりも小さくて、扁平な形です

高しょう系の中に<吉田ポンカン><今津ポンカン>などの

品種があって

低しょう系には<太田ポンカン><森田ポンカン>などが

あります

皮がむきやすくて、酸味が少なく甘いのが特徴です

優れた形質から、デコポンやタンカンの親としても

使われています

<アンコール>

<キング>と<地中海マンダリン>を交配して

1954年にカリフォルニアで生まれた品種です

外観は温州みかんに似てますが

赤に近い濃い橙色をしていて

糖度が高くて、濃厚な味わいが特徴です

種が多めですが、皮は凄く薄くて、手で簡単に向けます

果肉を包む薄皮ごと食べられます

<アンコール>の名前は、その美味しさから

一度食べると、また食べたくなることから名付けられました

みかんの選び方

良いミカンを見分けるには、ヘタの反対側、オシリの部分を

見ることが大事です

つるりとしたものよりも、ボコボコとして

菊の花のように見えるものの方が

オススメです

また、柑橘類は大きいサイズよりも

小さいサイズの方が美味しいという傾向があります

みかんの食べ方

ジュースやゼリー、冷凍みかんにもできますが

みずみずしいうちに手で皮をむいて

そのまま食べるのが一番です

皮をむく時は、オシリの部分からでは無くて

ヘタの方からむくと、白い筋が取れやすくなります

ただ、白い筋や果肉を包む薄皮には

食物繊維が豊富に含まれているので

気にならなければ、果肉と一緒に

食べた方がいいですよ

みかんの保存方法

日の当たらない風通しの良い場所に

置いて保存します

みかんの栄養効果

ビタミンⅭが豊富で中サイズのみかんを3~4個食べれば

一日に必要な量を補うことができます

糖の代謝に関与するビタミンb1も多く含まれています

また、βークリプトキサンチンは強い抗酸化作用で

癌の予防に有効と言われています

みかんの特性

皮をむくと

甘酸っぱい香りがふわりと広がります

皮に<リモネン>という香り成分が含まれているからです

リモネンはリラックス効果があるので

アロマテラピーに利用されています

みかんと漢方

みかんの皮を乾燥させたものは陳皮と呼ばれ

漢方薬や食用とされています

リモネンやポルフェノールの一種のヘスペリジンの効果で

血行促進と体を温める作用があるとされています

 
アロマテラピーのある暮らしを【フレーバーライフ】




 

 

 

 

シェア・ブックマークしていただけると嬉しいです!

greenカテゴリの最新記事

Translate »