柑橘類アラカルト
Pocket

 

柑橘
柑橘

みんな大好きな【柑橘】の魅力を

紹介します?!

はっさく

特有の爽やかな風味です

1860年頃広島県因島市にあったお寺の住職が

発見したと言われています

ブンタンの系列だと考えられています

<はっさく>の名前は旧暦の8月1日<八朔>頃から

食べられた事に由来します

現在の旬の時期とはかなり異なります

皮は厚くて剝きにくいですが、果肉は一粒一粒が

しっかりとした存在感を放ち

適度な甘みと酸味があります

ほのかに苦味も漂って、特有の爽やかな香りに

人気があります

いよかん

1886年に山口県萩市の農園で発見されました

みかん類とオレンジ類の交雑から生まれた

タンゴールの一種だろうと考えられています

その後、愛知県で栽培が本格化して

地名をとって<伊予みかん>と名付けられましたが

愛知県産の温州みかんと混同されてしまうため

<いよかん>と呼ばれるようになりました

皮は厚めですが手で簡単にむけます

果肉は柔らかくてジューシーです

甘みが強くて酸味は控えめなのが特徴です

甘夏<あまなつ>

1939年に大分県津久見市の農園で発見されました

<夏みかん>の突然変異で

夏みかんより酸味が少ない事から、あまなつと呼ばれていますが

正式な品種名は<川野夏橙>といいます

酸味の中に程よい甘味があって、サッパリとした味わいが

特徴です

外側の皮も薄皮も厚いので、キチンとむいて

果肉を取り出して食べてください

美生柑<みしょうかん>

<美生柑>は別名<河内晩柑>とも呼ばれています

熊本県ではジューシーオレンジ>の名で知られています

なめらかで美しい黄金色の皮の中に

香り高く柔らかな果肉が包まれていて

果汁もたっぷりとあります

サッパリとした爽やかな風味で<和製グレープフルーツ>とも

言われています

黄金柑<おうごんかん>

古くから鹿児島県で<黄蜜柑>の名前で親しまれていました

愛知県に持ち込まれて栽培されるようになったものは

<黄金柑>で

神奈川県で栽培されるようになったものは

<ゴールデンオレンジ>と呼ばれています

小ぶりですけど、黄金に輝くなめらかでゼリーのような果肉は

気品溢れる味わいです

白いワタ状の部分にも甘味があって

内側の袋は薄くて柔らかいので

そのまま食べられます

土佐小夏<とさこなつ>

皮も果肉も美しい黄色で

高知県では<土佐小夏>

宮崎県では<日向夏>

静岡県、神奈川県では<ニューサマーオレンジ>と

呼ばれています

黄色い皮の内側にある白いワタの部分も

甘味があって美味しいので

黄色い皮だけむいて

ワタごと食べましょう

仏手柑<ぶっしゅかん>

果実の先が細く指のように分かれて

千手観音を思わせる事から仏手柑と名付けられました

インドの北東部が原産で日本には室町時代から

江戸時代にかけて伝わりました

カボスや柚子の仲間ですが

皮が厚くて中身は白いワタがほとんどで

そのまま食べるには的していません

香りがいいので、砂糖漬けやマーマレードにしたり

刻んで乾燥させたものを漢方薬として

使ったりします

仏手柑は主に鑑賞用として鉢植えや盆栽に

用いられています

 

 

 

シェア・ブックマークしていただけると嬉しいです!

greenカテゴリの最新記事

Translate »