ダイエットには紅茶にジンジャーを加えます
Pocket

ジンジャー
ジンジャー

ジンジャーの特徴は

<体を温めて冷えを緩和する

辛味と酸味のある甘い香り>

これが一番です

熱帯アジア地域に育多年草の植物で

毎年根茎から茎が伸びて細い葉をつけて

1m位に育ちます

黄色い花を咲かせます

ジンジャーのプロフィール

紀元前500年頃にはすでにアジアや熱帯地方で

消化を助けるためや、食中毒予防

風邪の症状を緩和するために使われてきました

また、ジンジャーエールからカレーまで

料理や飲み物にも世界中で愛用されています

15世紀頃、スパイス交易をするヨーロッパの船で

壊血病<ビタミンⅭ欠乏症>の問題があって

予防の為にレモンを積んでいましたが

中国の船では鉢ごとジンジャーを積んでいたので

船員達はビタミンⅭ不足にならなかったといいます

ジンジャーの効果

1  中医学では体が湿気に十分に適応できないために起こる

カタル、下痢、リウマチなどの症状や

冬場や雨の時に起きる節々の痛みやむくみ

冷え性などの障害に使います

2  マッサージや温湿布

リニメント剤にして局部にすり込んで使います

その時にジンジャーティーも併用すると

より効果的です

3  消化器の障害全般

4  筋肉や関節の痛み

5  呼吸器感染症などにも使用できます

ジンジャーのダイエット効果

生のジンジャーの成分<シンゲオール>は加熱することはよって

<ジンゲロン><ショウガオール>の変わります

それが、発汗、体温上昇、脂肪燃焼効果を高めるので

ダイエットに期待できます

1日数回、熱い紅茶に入れて飲んでくださいね

ジンジャーの精油の効果

<産地>

インド、中国、インドネシア、ナイジェリア、ジャマイカ

<主成分>

ジンキベルン、カンフェン、β‐フェランドレン、β‐セキスフェランドレン

β‐ビサボレン、シトロネロール、リナロール、ボルネオール

<色>

黄色~茶色

<作用>

引赤、暖下、強壮、去痰、駆風、健胃、抗カタル、殺菌、消化促進

循環促進、神経強壮、鎮痛

<ブレンド相性>

スパイス系の精油

シトラス、フローラル、ハーバル、ウッディ、レジン

スパイシーで甘味のある香り

ユズ、マンダリン、パイン、マヌカ、レモングラス、ローズマリー

などが相性がいいです

 

 

 

 

 

 

シェア・ブックマークしていただけると嬉しいです!

beautyカテゴリの最新記事

Translate »