【美味しいトマト】の選び方を教えます!
Pocket

 

トマト
トマト

美味しいトマトの選び方を知ってますか?

果物並の甘さのトマト

トマトはアンデスの高地が原産で

世界中で食べられています

8000種類もの品種があると言われています

加熱向きの品種も多いですが

日本では生食が主流で

<フルーツトマト>と呼ばれる、甘いトマトも

出回るようになりました

フルーツトマト

水や肥料を極端に制限して栽培することで

果物並の糖度を高めたものが<フルーツトマト>です

トマトの選び方

ヘタが青くみずみずしい物

皮にハリとツヤあって、手に持った時にずっしりと

重みを感じるものがベストです

オシリの部分に放射状のスジがくっきりと

見えるものは、実が充実しています

トマトの食べ方

一口サイズのミニトマトやフルーツトマトは

水洗いしてそのまま食べるのが

一番美味しい食べ方です

トマトの栄養効果

ヨーロッパでは<トマトが赤くなると医者が青くなる>と

言われる程、優れた栄養価を持っています

赤い色はカルテノイドの一種であるリコピンです

強い抗酸化作用があって、癌や動脈硬化の予防に

役立ちます

また、クエン酸による血糖値の抑制効果や

グルタミン酸の脳を活性化する効果もあります

香り成分ピラジンは血液をサラサラにしてくれますよ

トマトの保存方法

よく熟した真っ赤なトマトは、ポリ袋に入れて

冷蔵庫の野菜室で保存してください

ソースなどの加熱料理に使う場合は

ヘタの部分だけをくりぬいて、丸ごと冷凍保存します

トマトの歴史

日本にトマトが入ってきたのは17世紀の事で

当時は<唐柿>と呼ばれて、鑑賞用でした

食用にされるようになったのは明治以降で

日本人の味覚に合うトマトが栽培されるようになったのは

昭和に入ってからです

 

 

シェア・ブックマークしていただけると嬉しいです!

greenカテゴリの最新記事

Translate »